img_04

トライバルユニットが配送先を確認します


探偵に必要なのは推理力ですが、
前提として非常に豊富な知識が必要になります。
某メガネの小学生探偵も、
自宅にある図書館クラスの蔵書を読みふけった背景があります。

トライバルユニットのテレマーケティング事業の
アウトバウンドサービスの一つに
「配送先確認」というものがあります。
商品の発送にあたって配送先の確認作業を行う業務になります。
ところで、その確認作業はどのような方法が用いられるのでしょうか。
電話で顧客に確認を取るのでしょうか?
それとも、役所に住所を問い合わせるのでしょうか?

まさか直接、トライバルユニットの社員は
現地に足を運んで確認することはないと思います。
筆者では上記3つが限界ですが、
きっと思いもよらない方法で住所を確認するのかもしれません。
もしかしたらそれは一般常識の方法かもしれませんが、
筆者の情報不足により、その方法は皆目分からないものなのです。

業界にだけ通用すれば良いことはいくらでもあります。
逆に、知っていても役に立ちそうにない知識はいくらでもあります。
ヤシの木からデンプン質の食材を生成する方法を知っていても、
熱帯雨林に行かない限りそうした知識を披露する機会は無さそうです。
トライバルユニットは「配送先確認」の事業を行いますが、
業界からしたらその手法は常識かもしれません。

もしかしたら、最初の前提から筆者は間違えていたかもしれません。
上記3つの方法ですが、それは『個人宅』を対象とした場合です。
もしかしたら『法人企業』かもしれません。
トライバルユニットの事業対象は幅広いですので、
そうした可能性は低いとは言えないかもしれませんね。