西原商会とはどんな会社?


街の中で見かける、緑と白のトラック。
そのトラックには「味の世界を広げる」という
キャットフレーズと社名である西原商会が描かれています。
西原商会とはどんな会社なのでしょうか。

西原商会の事業は、業務用総合食品卸です。
ホテルやレストランをはじめ、
結婚式場・料亭・居酒屋などへの食品卸売りを行っています。
西原商会はマヨネーズ一本からでも直接届けてくれる会社です。

創立は昭和46年12月で、鹿児島からスタートしました。
それからどんどん成長していき、エリアを拡大していきました。
現在では北は北海道の札幌から南は沖縄の石垣島まで、
31都道府県59ヶ所で営業展開を行っています。
売上も昭和59件以来、右肩上がりとなっています。

西原商会は数々のグループ会社で構成されています。
株式会社西原商会を母体に、
5つの販売会社・海外事業会社・業務委託会社、
8つの製造会社の合計18のグループ会社で成り立っています。
九州を中心に合計8社9工場で美味しさと使いやすさを追求した
食品の開発と製造に取り組んでいます。

西原商会の特長は様々な食品を取り扱っているところにもあります。
食肉類や魚介類をはじめ、乾物類やさつま揚げ、
プリン、ゆばなど様々食品を扱っています。
ホテルやレストランの様々なニーズに応えてくれると、
評判のラインナップです。
また西原商会は品質管理も徹底しています。
自社で検査をしたり、
衛生面の指導も徹底しているので美味しいだけでなく、
安心・安全の食品を提供しています。

全国各地にあり、様々なニーズに応えるラインナップを誇るのが
西原商会なのです。